ファクタリングのメリットは?

 

あなたの会社や事業社が所有する、売掛債権を買い取ってもらうことで、素早い現金化を行うことで、新たな資金を調達する、これがファクタリングサービス。
実際に、このファクタリングサービスを利用するメリットは、何かということについてご説明いたします。

ファクタリングのメリット
ファクタリングを活用するメリットは大きく分けて以下の4つがあります。

キャッシュフローの向上
最大のメリットはこれになるでしょう。通常であれば入金までまだ日数がある売掛金を、今すぐにでも現金化できるのがファクタリングです。まだ先にならないと入ってこない現金を今すぐに用意できるので、必要な支払いなどを済ませることが可能になります。
従業員の給料やトラブル対応、仕入れ金など使い道も自由です。現金は会社の血液とも言われますから、現金がすぐに手元に用意できるというのは本当に大きなメリットといえますよね。
契約がカンタン
銀行や金融機関からの融資や借入は、あなたの会社の経営状況を過去にまでさかのぼって審査されます。また提出しなければいけない書類や資料も多く、その審査にも時間がかかります。しかし、ファクタリングの場合は、銀行や金融機関からの融資や借入に比べて、比較的簡単に資金調達が可能になります。
特に2社間ファクタリングの場合は、取引先(売掛先)からの承諾も必要ありません。ですからすぐにまとまった現金が必要という場合でも対応してもらえるメリットがあります。
負債扱いにならない
銀行や金融機関による融資は借金、つまり「負債」という形になります。でもファクタリングの場合は買い取りですから、負債にはなりません、貸借対照表などにもそのように記載する必要がありません。
ファクタリングのサービスは、※償還請求権無しというのが一般的であり、負債として数えられることはありません。
ですから銀行や他の金融機関等との、今後の取引に影響がおよぶ心配がないのです。つまり信用度は変わらない、むしろ貸借対照表がスリム化されますので信用度がアップするとも言えます。

※償還請求権無しとは?
売掛債権としてファクタリング会社に買い取ってもらった後、たとえば売掛先の会社が倒産してしまいファクタリング会社が売掛金を回収できない事態になったとしても、あなたの会社に、そのお金を請求されるということは無いという意味です。一方銀行や他の金融機関、ノンバンク系のファクタリングサービスでは、償還請求権有りとされている場合が多く、これは取引先が倒産してしまった場合に、あなたの会社に請求がくるということを意味します。ファクタリング専門の会社は償還請求権無しで契約しているところがほとんどです。
ファクタリングサービスを利用するに当り、重要な選定基準になりますね。

担保や保証人が不要
銀行や他の金融機関などから融資を得ようと思えば、当然のことながら担保や保証人が必要になる場合がほとんどですよね。しかしファクタリングは売掛金を買い取ってもらう行為のため担保が不要です。担保も連帯保証も必要のない資金繰りの方法がファクタリングなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です