売掛債権の支払い基準

 

この売掛債権ですが、掛け売りしたお金の支払い期限に関して法律等での取り決めや規制はありません。
業者間での取引ですから、お互いが納得さえしていれば、かなり先の支払い約束でも問題ないのです。
中小企業庁では「下請代金支払遅延等防止法」の中で” 役務の提供を受けた日から60日以内で、かつ出来る限り短い期間内 ”での支払いを推奨しているのですが、基本的に法的な拘束力はないため支払い時期は各社が話し合いで決めることとなっています。

以上のことより、一般的には
・月末締めの翌月末支払い(約30日)
・月末締めの翌々月末支払い(約60日)
と言ったように、約60日前後の期間での、支払いサイクルが一般的に利用されることが多いです。

参考サイト:https://urikakesaiken.net

売掛債権の時効について
あまり知られていないかもしれませんが、実は売掛債権には[ 時効 ]と言われるものがあります。
納品した商品やサービスなどによって異なりますが、下記のような商法・民法上の規則が存在します。
業務 時効年数
従業員の給与 2年
商品の売買(売掛金) 2年
診療報酬 3年
請負工事 3年
賃料 5年

このように業種や業務・売掛債権の種類によっても、その期間には違いがあります。
今お話させて頂いているのは、商品やサービスの販売に関する件ですので、商品の売買にあたることになりますので、2年という期間が経過する事で、時効となります。
このように時効が適用されるとその債権の回収が不能になります、いわゆる[ 借り倒れ ]という事態になり、会計上は[ 借り倒れ損失 ]という扱いとなります。
簡単に説明すると、以上が売掛債権の仕組みになります。
この様に、売掛債権の仕組みを十分に理解することで、その売掛債権を基にした、新たな資金繰りに活用することを考えることが可能になります。

売掛債権の仕組みを理解する → 売掛債権を活用した資金調達が可能になる

では次に売掛債権を活用した、新たな資金調達の方法について、詳しくみていきましょう。

売掛債権とはどういうもの?その仕組み

 

まずは最初に、[売掛債権]とはどういったものなのでしょうか?
どういった場面で使われる言葉なのでしょうか?詳しく考えていきましょう。
あなたは「債権」という言葉を聞いたことはあるでしょうか?
たとえば、あなたは友人にお金を貸したとします。その友人に対して「次の給料が入ったら返してよね」と伝えます。
はい。返済に対する請求をする事です。
この[請求する]という行為をおこなう権利のことを指して使います。
これからお話する、売掛債権とは、個人でお金を貸すという行為とは違い、会社や事業等に於けるビジネスとして何かの商品やサービスを納品・販売を行い、それに対する代金をまだ受け取っていない状態の時に使われる言葉です。その受け取っていない代金を、得意先に対して請求できる権利のことを、売掛債権と表現しています。売上債権、または営業債権と呼ばれることもあります。

売掛債権:商品・サービスの販売・納品を完了した後、まだ受け取っていない売上代金を請求できる権利のこと

この売掛債権が発生する仕組みはどのような場合をさすのでしょうか?
ご承知の通り、日本の業務取引の大半が売り掛け(掛け売り)で行われています。これは信用取引という関係性で保たれているということになります。
何かの商品やサービスを販売・納品しても、お金をすぐに受け取れる(現金払い)のではなく、支払いは請求書発行の後、翌月末や翌々月末にまとめてと支払われるといった流れが多く存在します。
この場合に発生するのが売掛金です。同時に「 売掛債権 」つまり得意先に対して売上金を請求できる権利が、同時に発生するということになります。
「 売掛債権 」とは、売り上げたお金が回収されるまでの期間にのみ存在するということになります。
「 売掛債権 」とは、取引先より正規に売掛金が、支払われるとご同時に消滅します。

売掛債権の仕組みを知るのは大切

あなたは会社や事業所を運営する経営者です。

自分が経営する会社の資金繰りが厳しい・・・何とか改善させる方法はないのか?

営業成績が上がらず、日々の資金繰りに追われてばかりいる

「 売掛債権 」とはどういうことなのか?

売掛金の回収が順調に出来ずに困っている

「 売掛債権 」を使って資金調達ができる方法があると聞いたが?

銀行や金融機関から、追加の融資はできないと言われてしまった?

このままでは、大切な会社が倒産してしまうかもしれない。

この様に連日連夜、資金繰りに頭を痛める全国の中小企業の社長さん、事業経営者の皆様。大切な家族や頑張ってくれている社員のため、毎日懸命にアレコレやってもなかなか余裕が出来ないことありますよね。
銀行や金融機関からの融資や借入も難しい、だからと言ってこのまま会社を潰す訳にはいかない。
そんな苦しい時に、売掛債権を活用した画期的な資金調達の方法があるということを、ご存知でしょうか?
はい!それは[ 借りない資金調達の方法 ]なのです。
ポイントになるのは、今あなたが検索された、「売掛債権」という言葉です。あなたは、この金融用語である「売掛債権」の言葉の意味、仕組みをどのように理解されているでしょうか?
この金融用語の本当の意味が分かることで、あなたの会社の資金繰りは大きく変化を遂げることでしょう。
キーワードは「 売掛債権 」
このサイトでは、あなたの会社の資金繰り改善と、新たな資金調達の大切なキーワードとなる「 売掛債権 」という言葉について、正確なご理解とその仕組み・活用方法についてご紹介させて頂きます。

そして、この「 売掛債権 」を活用した、銀行や金融機関に頼ることなく、あなたの会社の資金繰りを改善する、まったく異なる資金調達方法についてご紹介させて頂きます。
このサイトが、あなたの会社や事業所の大きなチカラになることが出来れば嬉しく思います。

ファクタリングのメリットは?

 

あなたの会社や事業社が所有する、売掛債権を買い取ってもらうことで、素早い現金化を行うことで、新たな資金を調達する、これがファクタリングサービス。
実際に、このファクタリングサービスを利用するメリットは、何かということについてご説明いたします。

ファクタリングのメリット
ファクタリングを活用するメリットは大きく分けて以下の4つがあります。

キャッシュフローの向上
最大のメリットはこれになるでしょう。通常であれば入金までまだ日数がある売掛金を、今すぐにでも現金化できるのがファクタリングです。まだ先にならないと入ってこない現金を今すぐに用意できるので、必要な支払いなどを済ませることが可能になります。
従業員の給料やトラブル対応、仕入れ金など使い道も自由です。現金は会社の血液とも言われますから、現金がすぐに手元に用意できるというのは本当に大きなメリットといえますよね。
契約がカンタン
銀行や金融機関からの融資や借入は、あなたの会社の経営状況を過去にまでさかのぼって審査されます。また提出しなければいけない書類や資料も多く、その審査にも時間がかかります。しかし、ファクタリングの場合は、銀行や金融機関からの融資や借入に比べて、比較的簡単に資金調達が可能になります。
特に2社間ファクタリングの場合は、取引先(売掛先)からの承諾も必要ありません。ですからすぐにまとまった現金が必要という場合でも対応してもらえるメリットがあります。
負債扱いにならない
銀行や金融機関による融資は借金、つまり「負債」という形になります。でもファクタリングの場合は買い取りですから、負債にはなりません、貸借対照表などにもそのように記載する必要がありません。
ファクタリングのサービスは、※償還請求権無しというのが一般的であり、負債として数えられることはありません。
ですから銀行や他の金融機関等との、今後の取引に影響がおよぶ心配がないのです。つまり信用度は変わらない、むしろ貸借対照表がスリム化されますので信用度がアップするとも言えます。

※償還請求権無しとは?
売掛債権としてファクタリング会社に買い取ってもらった後、たとえば売掛先の会社が倒産してしまいファクタリング会社が売掛金を回収できない事態になったとしても、あなたの会社に、そのお金を請求されるということは無いという意味です。一方銀行や他の金融機関、ノンバンク系のファクタリングサービスでは、償還請求権有りとされている場合が多く、これは取引先が倒産してしまった場合に、あなたの会社に請求がくるということを意味します。ファクタリング専門の会社は償還請求権無しで契約しているところがほとんどです。
ファクタリングサービスを利用するに当り、重要な選定基準になりますね。

担保や保証人が不要
銀行や他の金融機関などから融資を得ようと思えば、当然のことながら担保や保証人が必要になる場合がほとんどですよね。しかしファクタリングは売掛金を買い取ってもらう行為のため担保が不要です。担保も連帯保証も必要のない資金繰りの方法がファクタリングなのです。

3社間ファクタリングとは?

 

あなたの会社や事業社が所有する、売掛債権を買い取ってもらい、素早い資金調達をするファクタリングというサービス。このファクタリングには2種類の方法があるといいました。それが2社間ファクタリングと3社間ファクタリングです。ここでは3社間ファクタリングとはどういうものなのか、どういった方法なのかということをご説明していきます。

3社間ファクタリングの意味と仕組み

3社間ファクタリングは、あなたの会社とファクタリング会社、そして売掛金のある取引先のA社の3社間による契約となります。3社すべてが合意している必要があります。ファクタリング会社が取引先のA社に、あなたの会社から売掛金を買い取ることになるがそれでもよいか?という打診を行います、そして取引先のA社の承諾を得なければこの3社間ファクタリングは成立しません。下の図のような仕組みになっています。
メリット
手数料が安い。サービスの利用にともなう手数料は、売掛債権の買い取り額の1%~5%が相場となっています。これはファクタリング会社の現金回収に対するリスクが低いからといえます。この場合売掛金は取引先A社から直接ファクタリング会社に送金されることになります。
あなたの会社を通さない仕組みですから、もし期日までに取引先のA社が売掛金を送金しないならば、ファクタリング会社は直接A社に督促し回収することが可能になります。
しかし、すでに審査の時点で取引先A社の支払い能力については審査されますので、問題なく送金される可能性が高いためファクタリング会社からすると回収できないといったリスクがほとんど無いため、手数料はかなり安いということになるのです。

デメリット
取引先 A社に対して、あなたの会社や事業所がファクタリングを利用することが通知されてしまう。一時的なものかもしれませんが、あなたの会社の資金繰りが厳しいという事実が分かってしまうというのはデメリットですよね。それゆえ、今後の取引に影響が出る可能性も考えられます。
またこの3社間ファクタリングは取引先の承諾も必要になってきます、それ故、取引先 A社に承諾してもらえないかもしれないという可能性もあります。取引先A社の承認を得ることが出来ない場合、ファクタリングが不成立になり、なおかつこちらの資金繰りが厳しいという現状も取引先に伝わってしまうという危険性もあります。